gadgetpcgame’s diary

購入したPCパーツ、ゲーム用品、小物のガジェットなどをユルめにお伝えしていきます。

ノートPCを無理矢理PD充電してしまう「トリガーケーブル」なるものを買ってみた

Let'snoteのCF-RZ5というモデルを長年使っています。

10インチ、約770gという軽量なノートPCで持ち運びに便利という理由で購入したものですが

色々小さなPC(OneMix 2Sとか)に手は伸ばすものの結局こいつが便利で手放せない、お気に入りのPCです。

 

PCの紹介はともかくこのPC、当然PD対応していません。

ACアダプタも小型なのですが、持ち運ぶのには、、ということでいま話題(!?)の

トリガーケーブルなるものを購入してみました。

トリガーケーブルとは、、USB タイプC端子→ノートPCのACプラグ端子 となっているケーブルで、PD充電に対応していないパソコンをUSBタイプC PD充電しまうことができる変換ケーブルです。

 

 

 

CF-RZ5にトリガーケーブルを使用していく

RZ5のACアダプタは16Vなので、トリガーケーブルは近いもので15Vのものを選びました。

f:id:gadgetpcgame:20201121172549j:plain

  

 

PD充電器→トリガーケーブル→PC こんな感じで接続していきます。

f:id:gadgetpcgame:20201121172556j:plain

 充電器は私の手持ちのは30W、45Wのタイプのものを2台とも使用可能でした。

 

 

PD対応のモバイルバッテリーでも充電できました。

f:id:gadgetpcgame:20201121172555j:plain

 

 

f:id:gadgetpcgame:20201121172557j:plain

 

 

 

 トリガーケーブルのメリット

・充電器具がコンパクトに

必要なのはPD対応の充電器とトリガーケーブルのみ。

旅行や出張先に持ち運ぶ際にACアダプタを持ち歩かず、充電器1つで済む為荷物が軽くなることがメリット。 家でも煩わしいACアダプタを使わなくて済みます。

・モバイルバッテリーでも充電可

PD対応のモバイルバッテリーを用意すれば充電ができますので、外出時の緊急用には便利かもしれません。

もちろんPCの消費電力Wに合わせる必要はありますが、、

例えば45W、60Wの消費電力のノートPCで、PD18Wのモバイルバッテリーを使っても充電がままならないと思います。(PC起動中だと充電が間に合わず、バッテリー容量が増えない、もしくは維持で精一杯になりそうです。電源オフにしていればバッテリー残量は徐々に増えるかもしれませんが)

 

トリガーケーブルのデメリット

・ケーブルの長さ

トリガーケーブルはACアダプタほどケーブルが長くないので、コンセント近くで使うか、PD充電器をPCの近くまで延長して使う必要があります。

・使用は自己責任

便利なトリガーケーブルですが、ケーブルはあくまで自己責任での使用が前提です。

充電ができなくなった、パソコンの調子が悪くなった、、など万が一何か起こっても、PCメーカーはもちろん、ケーブルを製造販売しているところも保障してくれませんのでご注意ください。

もちろんこの記事を読んで試してみよう、という方も自己責任でお願いいたします。

この記事で紹介したトリガーケーブル

このモデルはLet'snote RZシリーズで使用できました。 

Let'snote RZであれば30W~45WのPD充電器であれば使用できると思います。

私は30WのPD充電器で長時間Teamsのオンライン飲み会で通電して使っていますが、問題が起こったことも、充電が足りずにバッテリー切れになったこともありません。

 

追記:20Vのトリガーケーブルでメインで使用しているMSI PS42 Modern 8RCも充電できましたので新しく記事を追加しました。

 

gadgetpcgame.net