gadgetpcgame’s diary

購入したPCパーツ、ゲーム用品、小物のガジェットなどをユルめにお伝えしていきます。

CPU交換 Ryzen7 3700X→5700X

CPU交換しました。

次期Ryzen7000シリーズはAM5プラットフォームとなり、AM4プラットフォームで交換できる最後のCPUがZEN3のRyzen5000シリーズ。

今まで使っていたRyzen7 3700Xには何の不満もありませんでしたが、5700Xの価格が一時期に比べかなり落ちてきたことがきっかけで交換を決意しました。

 

 

スペック

Ryzen7 5700Xは8コア16スレッドでTDPも65Wと3700Xとほとんど変わりません。

スペックを比較すると、定格の周波数が3700Xの方が0.2Ghz高く、ターボクロック時には5700Xが0.2Ghz高いですが僅かな違いとなります。

3700X

ZEN2 8コア16スレッド TDP65W

周波数 3.60Ghz ターボクロック周波数4.40Ghz

5700X

ZEN2 8コア16スレッド

周波数 3.40Ghz ターボクロック周波数4.60Ghz

 

世代がZEN3になることで細かい部分が良くなっているのは確かですが、体感できるほどの差はないかもしれません。

 

外観

Ryzen7 

交換作業

いつも通り、CPUグリスは猫グリスを購入。

CPUもスッポンすることなくすんなり外れましたが、汚いなあ。。

Ryzen7 5750Xにはリテールクーラーが付属しません。

これまで使ってきた虎徹 MarkIIを流用していきます。

CPUを5700X以上に替えないのは、低価格帯の空冷クーラーで運用するには5700Xが限界かなというのがあるためです。5800Xや5900Xに交換すると虎徹 MarkIIでは厳しくなってきて、水冷も視野に入れないといけません。

ちなみに安く買えた虎徹 MarkIIが生産終了なのでしょうか、今は買えないようです。。

同価格帯で代替えとなる機種はAK400くらいでしょうか。

 

ベンチマークCinebench R23)

早速5700XでCinebench R23を回していきます。

取り換え前に3700Xでも回しておきましたの比較をすると・・

Cinebench 23

シングルコア 3700X 1240 →1437 5700X  (15.9%UP)

マルチコア 3700X 11716 →13232 5700X (12.3%UP)

という結果に。10%強の性能アップですが、体感できるほどの違いはあるのかはちょっとわからないかもしれません。

ベンチマーク3DMARK

3DMARKの結果も貼っておきます。(グラフィックはGeForce RTX 3060 Ti)

Time Spy

3700Xでの結果

5700Xでの結果



Fire Strike

3700X

5700X

3DMARK

Time Spy 3700X 11044 →11131 5700X  (0.79%UP)

Fire Strikeマルチコア 3700X 24205 →25510 5700X (5.39%UP)



Fire Strikeは若干スコアが伸びましたが、Time Spyはほぼ誤差。

グラボを変えたわけではないので仕方ないですが、CPUがボトルネックでグラフィック性能に蓋をしていることは無さそうなので安心しました。

 

おわりに

交換したCPU環境でCoDMW2を数時間遊びましたが、特に異常も無くCPU温度もMAXで60℃程と安定しており、グリス塗りも成功したようで一安心。

AM4の時代が終わり、次にデスクトップを作るころにはマザー、CPU、メモリと一式全て交換となりそうですが、現状での使い方で今の性能であれば十分以上。

何よりRyzen7 8コア16スレッドのCPUが3万円を切りそうな価格で買えるくらい値下がりしていること、

これが売り切れてしまったらもう今のマザーでCPUをグレードアップできるチャンスがなくなってしまうかもしれないという気持ちもあり、3700Xは中古でまだ値が付くこともあり飛びついてしまいました。

 

AM4のマザーをまだまだ使い続けたい方でRyzenの1000番台や2000番台の2600や2700、更には3300X、3500、3600あたりからのアップグレードにはいい選択肢になると思います。

 

というわけでゲーミングPCについては今の構成でまだまだ使い続けていけそうです。