gadgetpcgame’s diary

購入したPCパーツ、ゲーム用品、小物のガジェットなどをユルめにお伝えしていきます。

ASUS TUF Gaming A15にメモリ32GB、1TBSSDを増設した

買ったばかりのノートパソコン ASUS TUF Gaming A15 FA506QM(RYZEN7 5800H RTX3060 )に早速16GBから32GBへメモリの増設と空きスロットへのM2 SSDの増設を行いました。

 

gadgetpcgame.net

 

Crucial のメモリとSSDを購入

購入したのはこの2つ。

メモリは Crucial 32GB(16GBx2枚)

 

 

ノートPCの分解

ASUS TUF Gaming A15は分解が容易
ASUS TUF Gaming A15は比較的簡単に裏蓋を外し、メモリやSSDへのアクセスが可能な機種です。
メーカーのサイトでもアップグレードについて推奨しているとも取れる表記で、堂々と書かれているくらいです。
※分解、裏蓋を外す事は自己責任となりますので、この記事を参考にトラブルがありましても当ブログでは責任は負いかねますので、予めご了承下さい。
裏蓋を外すことでのアップグレードは自己責任ですが、私はASUSのあんしん保証プレミアムを購入し、保証を3年に延長してあります。
この保証は破損や水を溢してしまっての故障など、通常であればメーカー保証が受けられないような故障内容でも修理保証が受けられますので、万が一増設時に破損してしまったり、トラブルがあっても安心です。
裏蓋のネジを外して裏蓋を剥がしていく
画像の11箇所ネジを外します。ドライバーのサイズは+1で全てネジ山を舐めることなく回せました。

なお一番右下のネジは外れません。緩めるだけでOKです。

ASUS TUF Gaming A15 裏ぶたのネジ

3種類の長さのネジがあります。戻すときに間違えないように写真を撮っておくといいと思います。

 

ネジが外れたら裏蓋を外していきます。

 

私は写真の赤丸のあたりに車の内装外しを差し込み、裏蓋をぐるっと1周する形で外していきます。

爪で止まっているので折らないように、無理な力を掛けずに外しました。内装外しはAmazonで1,000円弱で購入しました。マイナスドライバーなど硬いものだと外装の樹脂を傷つけるので、内装外しを1つ持っておくと便利です。

 

メモリ、SSDの取付け

 

裏蓋が外れました。真ん中の黒い部分にメモリとM2 SSDが増設できる端子がありました。

 

用意した Crucial のメモリとSSDを・・・

Crucial 32GB(16GBx2枚)

Crucial SSD CT1000P1

早速取り付けます。

もともと付いていたメモリ(8GB✕2)には放熱のためシール型のヒートシンクが表裏に貼られていました。

剥がして Crucial に貼替えを試みましたが、1枚だけうまく剥がれずメモリのラベルが一緒に剥がれてしまうので断念・・・

 

 増設したCrucialのメモリ。 2枚中1枚の表側はヒートシンクなしで装着しました。
 
増設するSSDにも、事前に貼り付け型のヒートシンクを購入してありましたので貼り付けていきます。
安価なので効果があるかどうか?ですが少しでも熱は持たせないほうがいいと思うのでお守り代わりに購入しました。

サーマルパッドを貼ってその上に銅板を貼り付けて、、

マザーボードに取り付け。

 

取り付け完了

触るのは黄色の丸の部分だけでした。

純正の512GBのSSDにもヒートシンクを取り付けようと思いましたが最初から貼ってありました。

 

あとは裏蓋を取り付け、ネジを止めていき作業終了。

ノートパソコンの電源が問題なく入ったのでOK!

 

Windows起動後、コンピュータの管理からSSDをフォーマットします。

増設メモリが認識されているか最終確認。

タスクマネージャーでメモリが32GBになっていることを確認。

 

 

同様に1TBのSSDも認識を確認したので作業完了!

 

 

ついでに  Crucial SSD CT1000P1のスピードテスト

十分なスピードが出ています。

Crucial SSD CT1000P1 

ということでここまで作業は30分程度と比較的短時間で増設が完了しました。

不器用な私でも躓いたり困ったところもなく、すんなり増設ができたのでこのPCの分解、増設は簡単な部類だと思います。

これでこのASUS TUF Gaming A15はグラフィックは劣るもののデスクトップ以上のハイスペックとなりました。

メインマシンとして長く愛用していきたいと思っています。